このサイトについて

AmazonのKindle上陸を待ちきれず、Sony Reader を購入した2012年の秋。
それから毎日のように電子書籍を楽しむ生活が始まりました。
品切れを気にせず好きな時に本が購入できて、何冊でも好きなだけ持ち運べて、通勤電車の中でも片手で簡単にページめくり。
基本的に積読本は10冊以上ためこまないというルールを自分で決めながらも、あっという間に Reader の蔵書は200冊を超えました。

Reader Store では、昨年から本のレビューも公開できるようになりました。
面白かった本、おすすめしたい本を中心に、簡単な紹介文を書いて来ましたが、廉価版が出たり配布形式が変わったり?で、ストアからの棚卸しと同時に消えてしまったレビューもいくつかあります。

できるならば書いたものは残しておきたいという思いから、公開したレビューをブログにまとめることにしました。
著者名でタグ付けすることで、何となく私の読書傾向もわかりやすくなったと思います。

電子書籍デビューしたけど、読みたい本が見つからないという人の参考にでもなれば幸いです。