おススメ 一覧

重い歴史の真実を軽やかなタッチで読ませる一冊
重い歴史の真実を軽やかなタッチで読ませる一冊

『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』

祖国ギリシャの青い空を夢見ながら、ドイツで医師となったリッツァ。 ユダヤ人であることを隠し、数多くの矛盾を抱えながら真実のように嘘をつくア...

記事を読む

才能の“超”無駄遣い
才能の“超”無駄遣い

『破獄』

才能の“超”無駄遣い――まさにそんな言葉がぴったり来る小説でした。四回も脱獄を繰り返した囚人の執念と生命力にも驚かされますが、脱獄されるたび...

記事を読む

何度読んでも面白い傑作
何度読んでも面白い傑作

『十角館の殺人〈新装改訂版〉』

ミステリーには一度読めば満足するものと、真相に気づいてから改めて読み直すものがあります。この作品はまさに後者に属する部類の名作。 こんな...

記事を読む

理系青年の夢と希望
理系青年の夢と希望

『夏への扉』

主人公は一緒に会社を立ち上げた親友と恋人に裏切られ、何もかもを失ってしまう。コールド・スリープに入れられて目覚めた30年後、生命保険会社は倒...

記事を読む

表題作にめげずに続きを読んで
表題作にめげずに続きを読んで

『盤上の夜』

実は一度読むことをやめてしまった作品です。特に女性は最初の表題作で挫折してしまうかもしれません。 特に順番でなくともいいので、気になった題...

記事を読む

初めて森見作品を読む人にもおススメ
初めて森見作品を読む人にもおススメ

『ペンギン・ハイウェイ』

秘密基地と探検、いじめっ子への逆襲、女友だちとの微妙なカンケイ、そして失恋・・・ ジュヴナイルのツボを押さえつつ、突然お姉さんがペンギン...

記事を読む

ゆっくりと時間をかけて築き上げて来たものが、一気に決壊し始める
ゆっくりと時間をかけて築き上げて来たものが、一気に決壊し始める

『決壊(上)』

主人公は少々鼻持ちならないエリートだが、家族思いで充実した人生を謳歌している。そこには彼の積み重ねてきた歴史があり、多少のトラブルにも臆せず...

記事を読む

ハマったら止まらない面白さ
ハマったら止まらない面白さ

『ガダラの豚』

PRS-T2にプリインストールされていた『読んでほしいこの本、50冊』からセット買いしました。 異様な雰囲気を漂わせた冒頭に読むのをためら...

記事を読む

1 2