review 一覧

マイナスをプラスに転じる魔法のような
マイナスをプラスに転じる魔法のような

『花と流れ星』

両親を殺した犯人を見つけたい。仲良しのあの子を負かしたい。孫娘を失った悲しみを誰かにぶつけたい。そんな負の感情に支配された自分への怒りと悲し...

記事を読む

最初から最後までハイテンション
最初から最後までハイテンション

『煙か土か食い物』

アメリカはサンディエゴのERでチャッチャッチャとメスを奮う、奈津川四郎は天才外科医。 四郎と言うからには上に3人の兄がいて、一郎、二郎、三...

記事を読む

罪作りな小説
罪作りな小説

『トリアングル』

『サラダ記念日』で知られる、俵万智さんの小説です。 主人公は8年越しの不倫の上に、若い男の子を二股にかけている30女。結婚よりも恋愛に...

記事を読む

宝探しから犯人捜しへ
宝探しから犯人捜しへ

『孤島パズル』

学生アリス2作目。男ばかり4人のミステリ研は、紅一点の新入部員マリアが加わり、一気に華やぎます。夏休みに彼女の伯父が所有する別荘に誘われたア...

記事を読む

運命に抗い続けること
運命に抗い続けること

『掏摸』

世の中には、誰にでもできる犯罪と、才能を必要とする犯罪があります。 後者が不幸なのは、本人の意思に反して強要されることがあるから。 この...

記事を読む

所変われば品変わる
所変われば品変わる

『ヨハネスブルクの天使たち』

ボードゲームをモチーフにした『盤上の夜』で華々しくデビューを飾った著者の第2作。1作目に続いて連作短編集というかたちをとっており、それぞれの...

記事を読む

荒唐無稽奇想天外
荒唐無稽奇想天外

『オブ・ザ・ベースボール』

空から人が降ってきます。そして、それをバットで打ち返す仕事があります。 そんなぶっ飛んだ設定だけど、降ってくる人間を空高く打ち返すのは、き...

記事を読む

目の見えない恐怖と闘う
目の見えない恐怖と闘う

『闇に香る嘘』

この物語の主人公は、頑固で、自分勝手で、疑り深くて、偏屈な盲目の老人です。 透析に苦しむ孫のために腎臓移植の検査を受けますが、結果は不適合...

記事を読む

不器用な人間関係を描いた三篇
不器用な人間関係を描いた三篇

『袋小路の男』

12年間想いを寄せている相手と、つかず離れずの関係を続けている男女の物語。表題作が女視点、『小田切孝の言い分』が男視点と、それぞれの視点で読...

記事を読む

本当は怖い日本昔話的ファンタジー
本当は怖い日本昔話的ファンタジー

『夜市』

色鮮やかな店が立ち並ぶ縁日を抜けた先にある神社の深淵。仲の良い親友と見つけた秘密の抜け道。子供ってそういう「ちょっと怖くてドキドキする」場所...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 14