何度読んでも面白い傑作

『十角館の殺人〈新装改訂版〉』
綾辻行人

ミステリーには一度読めば満足するものと、真相に気づいてから改めて読み直すものがあります。この作品はまさに後者に属する部類の名作。
こんなことをレビューに書くのは気が引けるけど、初読の人はぜひ電子書籍版ではなく、紙の新装版で読むことをおススメします。そして気に入ったらぜひ、手元でいつでも読み返せる一冊としてReaderに。夏が来ると読み返したくなる、そんな一冊だと思います。