純粋な魂が闇に染まっていく

『オリンピックの身代金 上』
奥田英朗

優しく、素直で、頭が良く、見目もいい。そんな東大生が、オリンピック妨害という行為に思い至るまでの心の変化が悲しくもリアルでした。もう引き返せない、という思いで下巻に手が伸びます。