史上最大のデスマーチ

『戦艦武蔵』
吉村昭

第二次大戦中、日本軍の総力を結して作り上げた巨大戦艦の誕生から、海の底に沈むまでを描いた記録文学の傑作。
過剰な表現を避け、事実を淡々と記したこの作品には、文面からにじみ出る戦争の悲惨さが伝わってくる。
武蔵の誕生と同様に、この作品の誕生にも著者の熱い執念のようなものが感じられた。