再読必至のサイコミステリー

『ハサミ男』
殊能将之

ターゲットの情報を収集し、いつでも実行に移せるように用意していた犯行が、模倣犯のせいで無駄になってしまう。偽物は誰なのか、私は真犯人を突き止めるために動き出す。
自殺癖のある多重人格者というキャラクター造形から、主人公の只者でない雰囲気が伝わってくるけれども、本当にびっくりするのは物語が核心に迫る終盤から。
トリックが明かされることで、逆に読者は混乱し、何度も前のページを見返すことになります。
ぜひ新鮮な気持ちでこの作品を味わって下さい。