母は強し

『共喰い』
田中慎弥

暴力的な父親を持ち、自分もいつかああなってしまうのではないかと恐れている高校生が主人公。血は争えない――そんな心の葛藤を抱えながらも、幾分幼さの残る描写に、精神のアンバランスさとリアルさが感じられました。
印象的だったのは、彼の母親が、過酷な状況の中でも力強く生きていること。同時収録の『第三紀層の魚』にも強い母親が登場します。