みんな夢だったらいいのに

『向日葵の咲かない夏』
道尾秀介

小学生の少年が主人公の道尾作品を『月と蟹』『シャドウ』の順に読んで、次に本作を手に取りました。3作の中で一番好きなのは『月と蟹』ですが、読後に強烈な印象を残したという点では『向日葵の咲かない夏』がダントツでした。
後味も悪く、好き嫌いが分かれると思いますが、何故かもう一度読み直したいという衝動にかられる一冊。
「最後に謎が解けて終わり!」ではなく、じっくり読み返しながら、残された謎を解き明かしていきたい人にはおススメです。
ちなみに本作で作者に苦手意識を持ってしまった人は『カラスの親指』で口直しをどうぞ。