電子書籍の可能性を夢見る一冊

『ツール・オブ・チェンジ 本の未来をつくる12の戦略』
オライリー・メディア

電子書籍を毎日読んでる自分にとって、とても気になる本の未来。主にデジタル化を進めている版元や書店、著者向けに書かれた様々な取り組みが話の中心となっていますが、読者視点で読んでも十分に面白かったです。
電子本の貸し出しや献本システム、複数のストアで購入した本を一元管理できる仕組み、端末の解像度にあわせて図表を最適表示したり、画像に頼らない数式の埋め込みなど、いつか手元のReaderでも利用できる日が来るといいなぁ。