ホームレスが世界を救う?!

『砂の王国』
荻原浩

証券マンからホームレスに転落した主人公が、所持金3円からのし上がり、人生の再起に賭ける物語。ホームレスの身分に甘んじて細々と暮らすわけでも、地道に社会復帰を目指すわけでもなく、ただ一発逆転を狙うのみという意気込みは、ギャンブル好きな人なら共感できるのでしょうか。
商才を発揮してトントンと駆け上るサクセスストーリーを面白く読みつつも、タイトルが暗示する未来は決して明るいものではなく。
果たして主人公は救われるのか? 結末まで一気に読ませます。