もしも現代にヒトラーが蘇ったら

『帰って来たヒトラー』
ティムール・ヴェルメシュ

歴史に「たられば」はないけれど、もしもヒトラーが生き返ったら? それも1945年当時の姿と年齢のままで。
そんな突拍子もない設定で、突如2011年のベルリンに現れた彼は、ヒトラーのそっくりさんとしてお笑い番組にデビューします。ヒトラーが本気で口にする言動やふるまいを、痛烈な皮肉として受け止める現代人。その滑稽な様子を笑うのは読者である私たち。
笑いものにされたままヒトラーの野望は潰えてしまうのか、それとも――?
下巻のラスト1行まで目が離せない、大ベストセラー。