執事という仕事に一生を捧げた男の回顧録

『日の名残り』
カズオ・イシグロ

古き良きイギリスの名家に仕えていたスティーブンスは、新しい主人から暇をもらい旅に出ます。かつて同じ屋敷で共に働いた女中頭のケントンからの手紙を読み、彼女が復職を願っていると信じた彼は、人手の足りなくなった現在の屋敷に呼び戻そうと目論むのです。
旅の途中に湧き起こる幾多の思い出とともに、執事としての人生を振り返りながら、彼は自分が頑なに信じてきたものが間違っていたかもしれないと気付きます。
品格を何よりも大切にし、頑固でユーモアのかけらも持ち合わせなかった彼が、最後につかんだ光とは――?
素敵な齢のとり方をした老執事を思わず応援したくなる一冊。