ひとかけらの誇りすら奪う暗黒の世界

『一九八四年[新訳版]』
ジョージ・オーウェル

1984年と言えば、昭和のバブルな時代を思い出します。けれども、この作品が書かれたのは1948年。ジョージ・オーウェルの描く近未来はどんな世界だったでしょうか?

世の中は3つの勢力に分かれ、絶えず戦争を繰り返しています。主人公、ウィンストン・スミスの仕事は歴史を書き換えることで、政府にとって不都合な真実はすべてなかったことにされます。昔の方が良い時代だったのでは?などと疑いを持つことは許されず、子どもにすら気を許すことができない社会。
そんな窮屈な現実から逃れようと、スミスは志を共にする女性との逢引きを重ねるのですが・・・

この物語の恐ろしいところは、政府に反することを思っただけで、死刑よりも辛い罰を与えられる主人公の末路です。
読者の心まで持ってかれそうな、ディストピアの傑作。
現代がここまでひどい世界でなくて本当に良かったです。