マイナスをプラスに転じる魔法のような

『花と流れ星』
道尾秀介

両親を殺した犯人を見つけたい。仲良しのあの子を負かしたい。孫娘を失った悲しみを誰かにぶつけたい。そんな負の感情に支配された自分への怒りと悲しみ・・・
心に傷を負った者たちを優しく包み込む、5つの連作ミステリです。

読後に霊現象探求所を舞台にしたシリーズものだと知りましたが、本作だけでも十分に楽しめます。

道尾さん(登場人物でなく作者の)は、心の闇を書くのが本当にうまいなあ。