思い描いていたイメージが崩壊

『ドストエフスキイの生活』
小林秀雄

ドストエフスキイは『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』を書いたロシアの文豪。知識としては知っていても、実際に読んだことのある人はそれほど多くないのでは?

かくいう私も、ドストエフスキイを読んだことはありません。
なんとなく有名だし、すごい人なんだろうと思って本書を手に取りました。
ところが、蓋をあけてびっくり。確かにすごい人ではあるのだけれど、偉い作家先生というよりは、とんでもないロクデナシだったのです。
決して友達にはなりたくないような。
そして、こんなに迷惑で、人でなしで、鬼畜な彼の文学が、とっても気になって読んでみたくなりました。

もちろん、ドストエフスキイを読んだことのある人なら、より深く彼の著作を知る助けになるでしょう。
ぜひ、小林秀雄の名前に気負わず読んでみてください。