ナポレオンになれなかった少年

『罪と罰』
ドストエフスキー

引きこもりの大学生が殺人を犯し、自首するまでの物語。今なら一時、新聞の三面記事を賑わして忘れ去られるような事件も、ドストエフスキーの手にかかるとあら不思議、何とドラマチックな大作に仕上がることでしょう。

主人公のラスコーリニコフは自分が選ばれた特別な人間であると思い込み、虫けらのように蔑んでいる老女を殺します。そして、運悪く居合わせてしまった老女の妹を巻き添えにしながら、まんまと逃げおおせるのです。良心の呵責など、つゆほども感じません。
一方では行きずりの家族のためになけなしの金をはたく、やさしい心を持ち合わせながら、どうしてそんなことができたのか?

上・中・下巻にわたる長編ですが、物語の中に入り込めば、意外とさくさく進みます。
実は手塚治虫の『罪と罰』を読んでいましたが、原作にはその後の話も描かれていて、このエピローグをもって『罪と罰』の完結と言えるのだと思いました。読後感が何とも良いです。