昔読んだ人も初めての人にもおススメ

『定本 岳物語』
椎名誠

椎名誠さんご本人のセレクトでは上級編に位置付けられていた本書。でも私はこれに異を唱えます。SFやアウトドア、出版の話に興味のない読者でも、親と子の普遍的なテーマを扱った『岳物語』なら気軽に手に取ることができるし、何より彼の著作の中で一番多く読まれ、教科書にも載ったベストセラーであることが、これぞ椎名誠の入門書であることを物語っていると思うからです。

ちなみに本シリーズは岳本人には大不評だったそうです。
てっきり、思春期の盛りの黒歴史を暴露されて怒っているのだと思っていましたが、巻末に添えられた「“岳”本人のエッセイ」を読むと、父親である椎名誠も私たち読者も、ある種の思い違いをしていたことがわかります。
なるほど、だから嫌だったんだなあと、「岳物語が嫌いな理由」がストンと胸に落ちてきました。