人間って素晴らしい

『妻を帽子とまちがえた男』
オリヴァー・サックス

人と物の区別がつかずに家具に向かって話しかける人、自分の足がどこにあるのかわからない人、身体の均衡が保てず常に傾いてる人…そんな人に出会うと、私たちは眉をひそめて極力関わり合いにならないように努めるものです。けれども本書を読めば、彼らも私たちと同じ、いやそれ以上にエキサイティングで魅惑的な世界を生きている人たちなのだと気付くでしょう。
映画『レナードの朝』の原作者としても知られる神経学者が、患者との対等で協力し合う関係を築きながら、暖かな目線で書き綴った医学エッセイ。
決して明るい話ばかりではありませんが、ほっこりするお話もあり、人間の奥深さを再認識できる一冊です。