会社っていいな、と思える一冊

『八月の魔法使い』
石持浅海

世間ではお盆休みの8月15日。出社する人も少なく、おだやかな雰囲気の会社で事件は起こる。経営管理部員の小林拓真は、書類の判子をもらいに訪れた総務部で、会社にあってはならない文書を見つけてしまうのだ。
何故そのような文書が存在するのか、中身は何が書かれているのか、誰が何の目的で作成したのか、その答えを求めて主人公の頭はフル回転する。
ある人物によって仕組まれた事件。そこに主人公の奮闘が加わり、物語は意外な展開を見せる。
読んでいて、ちょっとこの会社が羨ましくなった。
読後感もさわやかです。