Reader Storeで初めて購入した、思い出の一冊

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
フィリップ・K・ディック

電子書籍でも紙と同じように読書できるかしら?という疑問と、本書のテーマを無理矢理絡めながら読み始めた一冊。最初のうちはやや読みにくい翻訳文体と、慣れない端末での操作に戸惑いましたが、本書の世界観が見えてくると、自然とのめり込んでいる自分に気づきました。

人間らしさとは何か? 人工知能との違いは?
問いかけはシンプルでありながら、深く考えさせられます。