騙されたつもりで読む

『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』
道尾秀介

友人の保証人になったことがきっかけで巨大な借金を背負わされ、返済に東奔西走した挙句、大切な人を失ってしまう。闇金ウシジマくんのような恐い話なのかな?と思ったら、全然違いました。辛い場面がないわけじゃないけれど、本書の主人公には力強い味方ができるのです。
ちょっと都合良すぎるんじゃない?と思うシーンも、騙されたつもりで読んでみると楽しいです。